ナンパりたーん

7/3 18:15 Y街

日中はずっと雨が降っていた。

夕方になり雨が止み始め、街に活気が宿り始める。

 

久々のストで緊張している?バカ言っちゃいけない。緊張なんかクソくらえだ。

ミントは知っている。そんな弱々しい男に女はついてこない。

 

不安と期待の入り交じるナンパ生活の再スタート、ミントは力強く自らのゴングを叩いた。

 

■本日の目標

①声かけに対する抵抗を消す

→10以上の声かけ

②できてること、できていないことの確認

→声かけごとに振り返り

 

 

1人目 学生風のスト値5の女性

始まりはやはりシカトだった。

ナンパを始めた頃と同じ、かつての感覚がミントの体の中を駆け巡る。この瞬間、ミントは地蔵を克服した。

 


2人目 

パーカーで頭を覆ったギャル

「その帽子おしゃれだね、どこに売ってるの?」

 

 

開いた。

 

平行トーク

君学生?そうだよ大学4年生?ううん、高2

 

 

固まるミント

つかの間の会話を楽しみ、即放流

 

 

3人目 学生風 シカト
4人目 ギャル ガンシカ
5人目 学生風 シカト

 

6人目 ギャル

 

 

和めず

 

 

ナンパの厳しさを思い出すミント。だが、負けない。こんなことは何度でもあった。

 

7人目
揺れる巨乳を持つスト値3のイヤホンガール

 

吸い込まれるように引き寄せられるミント

すかさず声をかける

 

 

ガンシカ

 

 

巨乳にはありつけなかった。

 

8人目 学生 和めず

 

落ち込む暇はない。ナンパの定位置に戻る。

 

すると、


ミントの好きなゆるふわ女子を発見した。

 

小さい背に女子らしいファンシーな模様をした傘を差している。

「可愛いかさだね。そのリボン模様は自分で縫い付けたの?」

 

いえ

と一言だけいい、そそくさと立ち去る彼女

 

ミントの心の中で悔しさがわき上がる

 

さっそうと歩いて行く彼女を視界に収めながらサーチしていると、エスカレーターを上ってくる女性の姿が目に入った。

 

スト値8

 

小動物系OL風の案件見つけた。

すかさず話しかけるミント

 

 

ガンシカ

 

くそ!

 

 

 


11人目 ギャル 会話できず

 

 

 

タイムアップだ。

 

ミントの久々のストは何も成果を得ないまま幕を閉じた。

 

 

■振り返り

①達成

→地蔵の克服

②以下で詳述

 

 

できたこと

女性を前にびびらない、斜め45度、正しい姿勢などの基本的動作は問題なし

できないこと

・テンションが低い

→低い声を意識するあまり、台詞が棒読みになっている。これでは何を言っても面白さが半減する。体入の際のベテランホストはどうやっていたか。答えはテンション。女は勢いがあれば笑うのだ。

・声が小さい

→声をもっとはらないとぼそぼそと何を言っているか聞こえない状況に

また、自信のない男にも見られる

・オープナー、トークのつまらなさ

かつてのキレは、そこにはなかった。

お笑い番組、コントを見る、なんでもいいので鍛える

 

 

以上。

声の大きさ、テンション、オープナーセンス。一朝一夕で身に付く物ではないが、何度も繰り返し着実に体に覚えさせて行こうと思う。