弾丸即〜はかない幻影を追って〜

20:30 Y街

 

ミントは街に出た。理由はただ一つ。

即をしたい。その強い思いがミントの生産性を著しく高め、ストをする時間を作った。

全ては即のため。ミントは溜まっていた。自分に課した制約。オ◯禁の近い。もう三日間も何も排出しない生活が続いていた。最後に排出したのは、いつだったか。

 

気の遠くなるような時間の長さの中で、ミントは身をたぎらせていた。

 

ゲームを始めよう。

 

サージング開始してすぐ、それは起こった。

 

「やあ、ミントじゃないか。」

不覚にも飲み会帰りの友人に遭遇してしまった。

「こんなところで何をしているんだ?」

友人は続けた。

実はミントがナンパ師ということは誰も知らない。

ナンパ師はあえて現在の自分の交遊関係を壊しかねないリスクを取るまねはしない、ナンパをするときにミントが決めたルールだ。

ミントはナンパ師をという事実をひた隠しにしてきた。

 

冗談じゃない。ほんとうに冗談じゃなかった。

 

だが、幸いにも見られてはいなかった。

友人と少し話して解散したが、ミントの士気は明らかに削がれていた。

 

いけない。歩き出せ。自分を鼓舞し、試合続行のゴングをならした。

 

■目標

許されたつかの間の一時間で弾丸即を決め、セッ◯スを楽しむ

 

KPI

・声かけ10人

・和み2人

・即1人

 

1人目:学生 会話できず

2人目:学生 シカト

3人目:学生 シカト

4人目:ギャル 会話できず

 

 

 

 

 

5人目。スト値6の女性を目撃した。Y街でこれは貴重だ。必ずものにする。

やあ、とてもきめ細やかなギンガムチェックだね。こんなに詰まった模様は初めて見たよ。

オープンした。そのまま平行トーク。友達とこれからご飯に行くらしい。

 

 

 

しかし、友達との連絡が取れず、とりあえず職場まで様子を見に行く途中だという。これはまたとないチャンスだ。すかさずビタ止めする。

トーキングシャワーを使って会話を盛り上げる。和み、バンゲを狙う。

警戒心が強い。IOIを引出すためにルーティンを発動する。

必殺、ノーウェイチョイス。相手に自分という存在を植え付ける。

 

徐徐に信頼を作って行く。だが、固い。奥の手スペックイントロダクション。

相手の中での価値を高める。

 

すかさずファイブクエスチョン・ベットを使い、距離を縮める。

 

だめおしとばかりに、ゴーホームOK。ひたすらつまらなかったら帰っていいと言う。

そうこうしてるうちに、仕事を終えた彼女の友達が彼女を迎えにきてしまった。この案件を逃がすわけにはいかない。

気まずそうにする相手にとりあえずLINEの交換のみを了承させ1番ゲ。

 

泥臭いバンゲ劇だった。

 

■反省

KPIとはずいぶん離れた数字になってしまった。

理由としては即系ではなく、即りたい相手を狙ってしまったため。

ひいては、目標に対してのコミットメントの低さが原因と言える。

達成できたらいいなという気持ちで立てる目標に価値などない。

目標は必達。これを肝に命じて目標達成に自分の行動を最適化させることを心がける。

 

寄り道は無用だ。全てを欲しいと望むものが得られるものは、中途半端な成功とも失敗とも言えないアウトプットのみである。使えるリソースが限られている以上、選択と集中なくして、価値のある結果は手に入らない。

 

 

家に帰り、禁を破りミントは力いっぱい行為に及んだ。

限界を迎えたミントが勢いよく発射したそれは、うつむきながら携帯を見ていたミントのあごにかかってしまった。

 

 

生産性の壁と準即

Y街にてスト

時刻は18:30

 

人通りが多い。

今日はいけるぞ!

 

■目標

ースト高から1バンゲー

そのために

①声かけ 30

②会話 10(内スト高3)

③バンゲ 1(スト高)

①は②がスト高をくどくための布石としての行動目標だ

 

さあ稼働開始だ

 

 

一人目:学生

スト値6の女が通った

腕にのびるゴム製のチェーンのようなものを巻いている

「腕にプールの鍵ついてるよ」

彼女は少し笑った。そのまま平行トーク。プライドが高そうだ。ビタ止めして10分ほど会話。某難関私大の一年生。異常にプライドが高かった。プライドの高い女がミントは嫌いだ。粘るも崩せない。放流した。

 

 

そのあと1時間以上歩き回ったがいい案件がいない。

まず一人の子が少ない

いたとしても待ち合わせ

そもそもスト値が街として低い

 

まったく捕まらず生産性の低さに堪え兼ねて切り上げた。

Y街はストで有名だが、それは人が訪れる休日の話であって、平日のストには適さないのかもしれない。

 

■振り返り

サンプル数があまりに少ないが、声かけの雰囲気やオープナー、和みかた等とりあえず形はこなせるレベルまで落ち着いた。

課題としては早口なこと。早口は自信のなさのあらわれだ。自己防衛の手段だ。

もちろん、相手には自信のなさそうに写ってしまう。早口をやめるのが今後の課題だ。

 

 

20:45

この前バンゲした案件とアポを設定。

また婚活帰りらしい。

お酒をいれ、和み、連れ出してマンキin

ぎらつくもグダ。形式グダと判断して、さらにギラ。即。

 

彼女がつけたテレビでは細田守監督作品のおおかみこどもの雨と雪が流れていた。

ミントの心に重たい自己嫌悪の感情が宿った。

やはりとりあえずの即は精神にくるものがある。

ミントの1S◯Xと相手にとっての1S◯Xの重みは同じではない。

 

考えれば考えるほど、自分が汚い人間に思えてくるので、

ミントは考えるのをやめた。

 

家に帰り全てを忘れるためにすぐに眠りについた。

 

合法ロリの壁。三十路婚活OLとの戦い

友人との約束を済まし、Y街。

時刻は18:00。

 

Y街のゴールデンタイムはもう始まっている。急がなくては。

すぐに準備をすませ、急ぎ足でスポットへ向かう。

 

街は待ってくれない、ここを過ぎるとY街はすぐに第一次閑散タイムに突入する。

マインドセットを整える暇もなく、ミントはストを開始した。

 

■本日の目標

①3秒ルールの徹底

→そのために引き続きナンパに慣れるための、声かけノルマ10人

②しっかりと会話し、和みに繋げる ノルマ1人

→テンションクライマックスの徹底

 

 

街は今日も雨が降っている。屋根のある連絡通路で戦うしかない。

外に出るのは断念し、連絡通路を入念にサーチする。

 

いた。

 

1人目:学生

振り帰った瞬間放流を決意

 

だめだ、

案件がいない。

 

渋々街へ繰り出す。スニーカーの悲鳴を聞こえる。

 

2人目:学生。シカト。平行トークで粘るも、シカト崩せず
3人目:学生。シカト
 
 
4人目:
小雨の中傘をささずに歩いている。
これはオープンする案件だ、ミントの勘がそう言っている。
すかさず声をかける。
どうしたの?傘開かなくなっちゃったの?
微笑を浮かべる彼女、宣言通りオープンした。平行トーク。
 
それにしても童顔である。背も小さい。小動物系とはよく言ったものだ。
イニシャルコールドリーディングを使い、会話を続ける。
どこに行くの?内緒。内緒ってなんだよ。余計気になるよ。教えない。脱毛サロン?内緒。そんなくだらないやりとりをしながら、なおも歩き続ける彼女。急いでいるようだ。
 
交差点に入ったタイミングでビタ止めする。
そのまま和み。
目的地を聞き出す。
 
いくつ?なんでいきなりそんなことを聞くのかミントは疑問に思った。
○○才だよ。若ーい!驚いた、彼女は三十路をすぎていた。これから婚活パーティに向かうらしい。
もう時間もない、この案件を逃すのは惜しい。即日ブーメランを狙おう。
 
いい雰囲気でバンゲするため、和みを続ける。
時間が来た。少しグダる。開放トーク。バンゲ。
婚活パーティが終わる時間を聞き、また電話するよ、そう言ってミントは別れた。
 
 
2時間。作業に没頭し、先ほどの合法ロリ案件との約束の時間。
電話するが、案件が出ない。まさか切られたか?
 
その5分後。彼女から電話が来た。
婚活パーティが長引き、今終わったという。
 
合流。彼女はかなり乗り気であった。まるで友達のような距離感で話しかけてくる。どこいく?どこでもいいよ。じゃあバーに行こうか。うん。
 
バーに入り、和む。彼女は座るや否や忙しそうに店を広げ始めた。婚活パーティでもらった資料を見せて、状況を説明してくれる。ミントは興味深く話を聞いていた。
彼女は得意げに19/20の男性から、一番人気の使命をもらったと話す。
 
そのまま会話を弾ませる。徐徐にボディタッチが増えてくる。こちらのタイプや恋愛観を引き出す質問。IOIは十分にあった。
彼女の話を聞く。つき合ったのは3人、平均5年は続くという。浮気経験を聞くと、一度元カレとご飯に行っただけだという。雲行きがいきなり怪しくなった。
 
案の定彼女は11時だから、もう帰るね、と先ほどのIOIが嘘のように帰り支度を始めた。すかさず引き止めるが、どうしても帰りたいらしい。一旦承諾してみせ、店を出て駅に向かう途中で路地に入る。
 
抱きしめ、キスをした。形式グダ。Dちゃん。
恥ずかしがる彼女、二人になれるところに行こうか。
いや、今日は帰るの。
ここにきて会ったばかりグダが発動した。頭をフル稼働さえ、様々な引き出しをあけ、アプローチする。
 
どうしてもグダが崩せない。なんでそんなに一緒にいたいの?
 
彼女の質問にミントは答えに窮してしまった。ここで色を使えば、彼女は即れるかもしれない。だが、それはミントのナンパ師としての流儀に反する。ナンパ師は女性を傷つけてはならない。
 
一旦引き、再度満喫を打診。受け入れるも、店のロビーで帰るという彼女。再度ぎらつくも、キスより先に進めない。諦めて、帰ることを決意した。
 
これじゃまるでAFCだ。
 
ミントの連れ出しは惨めな結果に終わった。
 
 
 
振り返り
①未達。行動目標は未達だが、目標そのもの(②)は達成できた。
 
・会話をもっと練り上げて展開する。和みの最中何も考えずにただ会話を楽しんでしまっていた。それでは即れない。先人が気付いた偉大なルーティーン、ミント独自のルーティーンを駆使し、「即をするための会話」を心がける

・即がどうしてもだめなら、準則に切り替える。コストをかけたにも関わらずアウトプットがゼロという状況は避ける。
 
今日の案件は明らかに準則案件だった。無理やり即を狙ったが、難しいのは明らか。わかった段階ですぐに準則に切り替え、ケアをするべきだった。

即か準則か。自分は今日どこまでなら踏み込むことが許されているのか。そこのバランス感覚を持つ。
 
 

ナンパりたーん

7/3 18:15 Y街

日中はずっと雨が降っていた。

夕方になり雨が止み始め、街に活気が宿り始める。

 

久々のストで緊張している?バカ言っちゃいけない。緊張なんかクソくらえだ。

ミントは知っている。そんな弱々しい男に女はついてこない。

 

不安と期待の入り交じるナンパ生活の再スタート、ミントは力強く自らのゴングを叩いた。

 

■本日の目標

①声かけに対する抵抗を消す

→10以上の声かけ

②できてること、できていないことの確認

→声かけごとに振り返り

 

 

1人目 学生風のスト値5の女性

始まりはやはりシカトだった。

ナンパを始めた頃と同じ、かつての感覚がミントの体の中を駆け巡る。この瞬間、ミントは地蔵を克服した。

 


2人目 

パーカーで頭を覆ったギャル

「その帽子おしゃれだね、どこに売ってるの?」

 

 

開いた。

 

平行トーク

君学生?そうだよ大学4年生?ううん、高2

 

 

固まるミント

つかの間の会話を楽しみ、即放流

 

 

3人目 学生風 シカト
4人目 ギャル ガンシカ
5人目 学生風 シカト

 

6人目 ギャル

 

 

和めず

 

 

ナンパの厳しさを思い出すミント。だが、負けない。こんなことは何度でもあった。

 

7人目
揺れる巨乳を持つスト値3のイヤホンガール

 

吸い込まれるように引き寄せられるミント

すかさず声をかける

 

 

ガンシカ

 

 

巨乳にはありつけなかった。

 

8人目 学生 和めず

 

落ち込む暇はない。ナンパの定位置に戻る。

 

すると、


ミントの好きなゆるふわ女子を発見した。

 

小さい背に女子らしいファンシーな模様をした傘を差している。

「可愛いかさだね。そのリボン模様は自分で縫い付けたの?」

 

いえ

と一言だけいい、そそくさと立ち去る彼女

 

ミントの心の中で悔しさがわき上がる

 

さっそうと歩いて行く彼女を視界に収めながらサーチしていると、エスカレーターを上ってくる女性の姿が目に入った。

 

スト値8

 

小動物系OL風の案件見つけた。

すかさず話しかけるミント

 

 

ガンシカ

 

くそ!

 

 

 


11人目 ギャル 会話できず

 

 

 

タイムアップだ。

 

ミントの久々のストは何も成果を得ないまま幕を閉じた。

 

 

■振り返り

①達成

→地蔵の克服

②以下で詳述

 

 

できたこと

女性を前にびびらない、斜め45度、正しい姿勢などの基本的動作は問題なし

できないこと

・テンションが低い

→低い声を意識するあまり、台詞が棒読みになっている。これでは何を言っても面白さが半減する。体入の際のベテランホストはどうやっていたか。答えはテンション。女は勢いがあれば笑うのだ。

・声が小さい

→声をもっとはらないとぼそぼそと何を言っているか聞こえない状況に

また、自信のない男にも見られる

・オープナー、トークのつまらなさ

かつてのキレは、そこにはなかった。

お笑い番組、コントを見る、なんでもいいので鍛える

 

 

以上。

声の大きさ、テンション、オープナーセンス。一朝一夕で身に付く物ではないが、何度も繰り返し着実に体に覚えさせて行こうと思う。